2007年10月2日(火)/曇り

>こんにちは!
おせっかいだとは思いますが、イギリスはアメリカズカップの歴史の中で1度もタイトルを手にしたことがなく、したがって防衛艇を作ったことはないと思います。 by K/IWAMOTO — 2007/10/1< 上記のようなコメントが入っていました。早速、アドレスを探し当て、返信のメールを送りましたが、何度送信しても“User Unknown”で戻ってきます。そのメールの内容は: >確かに、仰るとおり、アメリカス・カップでイギリスが防衛に回ったことはありません。ヨットマンとしてあまりにも常識的な誤りでお恥ずかしい限りです。訂正しお詫びいたします。 zen< こういうのって、気になりますよね。 あ~、これは明らかに私のミスだと認識し、間違いの記事を書いたお詫び共々お知らせしなければと思ってメールが届かない。昨日から、私はこのことに懸かりっ切りで、すっかり気もそぞろでした。 私がブログの片隅に間違った記事を書いたからといって、世間の大勢には何の影響もないことです。しかし、間違いを犯した事実に変わりはありません。ですから、はじめはご本人にお知らせしお詫びすればと考えたのですが、メールの不通をきっかけに、書いたブログのその場で訂正しお詫びしなければと思い直した次第です。冒頭、私事で恐縮です。 急に秋めいてきました。 今まで短パン・Tシャツだったのに、Gパンと綿ニットの長袖なんか引っ張り出して着込んでいます。海人間にとって、つい先日まで猛暑に苦しんだことも忘れ、暑さが遠退く寂寥感が切実で、われ知らずため息を漏れます。 9月の半ば、たまたま私の誕生日に、諸礒のPUFFというヨットのお誘いをいただき、珍しく体調も良かったので久し振りにヨットに乗ってきました。 動けば喘息でゼイゼイと息を切らせてオーナーやクルーの方々にご心配をお掛けするのですが、沖へ出た途端、体が自然に動いて、いつの間にかメイン・シートを仕切っていました。ヨットというものは基本的にはどの舟も同じですから、初乗りの船でも操作に迷うことはありません。 それよりも、船の動きに応じて体が自然に動くという身に沁みたシー・ワージネスには、我ながら驚きました。幸か不幸か、当日は海がかなり荒れていましたから、沖合いの小網代ブイを大回りして、すぐホームポートに戻りましたが、バウが波にぶち当たって上がる生暖かい海水のスプレーに思わず漏らす笑みは、恐らく青年期のそれと些かも違いはなかったと自負しております。 もっと私は海へ出なければいけません。体の健康だけじゃなく、精神に若さと活力を持続するためにも。 海へ行けば、同じ趣向の人々がデッキに集い、私の拙い航海談義などを喜んで聞いてくれます。話す私は、その時だけは、果てしない大洋を“禅”に乗って雄々しく帆走しています。喘息も肺気腫も老齢も忘れて。 海はいいですねェ~。身のハンディキャップも年齢も、何もかも大らかに公平にその懐に受け止めてくれます。本当に、海はいいです!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2007年10月2日(火)/曇り への3件のフィードバック

  1. 還暦前のヒョッコ のコメント:

    読んでいて思わず頷いてしまいました。
    ….生暖かい海水のスプレーに思わず漏らす笑み….
    この感覚は何歳になっても同じですよネ!!
                      

  2. zen のコメント:

    スプレーを浴びて、あ~、やっとまた海に戻ってきた!と感じますよね。コメントありがとうございました。 zen

  3. HA-MA のコメント:

    ご無沙汰しております。

    畑下さんが旅立たれて随分時が流れました。
    私は何のお世話もできなかったのですが、
    一日伸びた為見送り出来た出航前夜、
    夕暮れの中MIYAの船上で
    人生について語り合った事がつい昨日の事のように思えます。
    ZENさんもお元気そうで何よりです。
    久し振りにHPを訪問させて頂いて、
    懐かしかったのでコメントさせていただきました。

コメントを残す